はじめようバルーンアート

猫(ねこ・キャット)の作り方

 

はいっ、ではバルーンを使った猫の作り方を紹介します。
260sのバルーン1本を使ってできるバルーンアートで、作っているのは。。。
知らない方です。(でもわかりやすい)

 

まずは動画を見てみましょう。

 

 

きっとこのホームページの中級編またはプードルが作れる方なら
すぐに作れるバルーンアートだと思います。

 

下記に作り方を翻訳して載せておくので、見ながら一つ一つ捻ってみてください。

 

(1)紫色のバルーン

 

@バルーンを膨らませて結びます。
A2.5cmほどの玉を2つ作ります。
B結び目を2つ目の玉に絡ませて2つの玉を捻ります。
C結び目を2つの玉の間に絡ませて根元でとめます。猫の口(唇)なります。
  *2つの玉がフラットになるようにしてください。
D1.5cmほどの玉を2つ作ります。
  *口をきっちりと固定するためです。
E3cmの玉を5個連続して作り、1個目と5個目をあわせて捻ります。
  *一つ一つの玉を作るとき10回ほど捻って玉を作ってください。
F Cで作った2つの玉を、Eで作った5個の玉の輪に入れます。
G Eで作った5個の玉の2個目と4個目にそれぞれ絞り捻りを加えます。
H1.5cmほどの玉を作ります。(首になります。)
I10cmほどの玉を2つ作り捻り合わせます(前足になります。)
J3cmほどの玉を作ります(身体になります。)
Kここで、空気が最後まで入っていないようであれば、
  あまったバルーンを手で握り、最後まで空気を送り込みます。
L5cmほどの玉を2つ作り捻り合わせます。(後ろ足になります。)
M動画のようにあまったバルーンをS字状にして、折曲がった部分を
 手で握ります。これでバルーンがS字状に整形されます。

 

以上で完了です!難しかったですか?
慣れるまで大変かもしれませんが、練習と思ってがんばって
挑戦してみてください。