はじめようバルーンアート

自己紹介

 

このページをご訪問いただきありがとうございます。
このホームページの管理人ヒロです。

 

僕がバルーンを始めたきっかけは、タイのバンコクにあるとある公園でした。
そのころ僕は1年ほどアジアを旅しており、インドやネパール、ミャンマー、カンボジアなど
東南アジア・西アジアをぐるぐる回っていました。

 

回りながらボランティアでこどもと触れ合ったり、英語を勉強していたのですが、
それ以外にファイアージャグリングの一種であるポイを練習しており、
タイのバンコクに滞在中もジャグリング公園と呼ばれる、チャオプラヤー川沿いの
公園で夕方ポイを練習していたのです。

 

その公園では僕以外にも多くのジャグラーのひとたちが練習をしていて、
夕焼け時になると暑いタイでも風がきもちよくて、公園でこどもたちがかけまわりながら遊ぶ声と
一緒にポイを練習するのはたまらなく幸せなひと時でした。

 

そんなとき、僕の向かい15mほど先でジャグリングを練習していた人が
バルーンを膨らませてこどもたちに手渡し一緒に遊びはじめたのです。
さっきまでも元気よかったこどもたちの声がさらに元気になり、
すっごい笑顔でカラフルなバルーンで遊んでいました。
そんなこどもたちを見る大人の姿もすっごい幸せそうでした♪

 

ポイも人前でパフォーマンスできて人に見せれるアートなのですが、
バルーンと同じ位に笑顔をいっぱい作ることはできません。。(僕の努力不足なだけかな?ww)

 

へてして、バルーンを膨らませていた人に話しかけ仲良くなり、
僕もバルーンを覚えることになりました。

 

最初のレパートリーはプードルと剣くらいでしたが、数少ないレパートリーとともに
カンボジア・タイとボランティアをもともとしていた場所を含めてバルーンを膨らませ続けて、
日本に帰っては東北に行き、こども関係のボランティアの際にバルーンに助けられたことも多々ありました。

 

バルーンが大好きです。だって、人に喜んでもらえるから、人を笑顔にできるから。
こんなへんてこ人生を歩んでいる僕が作ったホームページなので少しへんてこかもしれませんが、
バルーンを膨らますきっかけになれば幸いです。

 

ヒロ

 

(おまけ)

 

ポイをまわしてるときの僕です↓

 

バルーン、風船、アート、マジック、balloon, art, magic, センペルテックス、クアラテックス、ポンプ、sempertex, プードル